霊感占いは婚活には役に立たなーーーーい! でも上手く使うぶんには◎

今回も、筆者が婚活に潜在意識や引き寄せの法則を使えていなかった頃の教訓を交えた話です。

私、結婚できるかな? あの人の気持ちは? …なんて占うのは楽しいですよね。
でも、依存症気味になっちゃうと、お金がもったいない!
なかなか抜けられない占いジプシー、あなたにもこんな傾向はありませんか?

スポンサーリンク

例1.  誰にも相談できないから、占いに走る。

ずっと忘れられない人がいたり、報われない恋にハマっていたり。

ああでもない、こうでもない。延々と同じ展開の話になっちゃいます。

最初は友達も話を聞いてくれたけど、長年続けてると呆れて聞いてくれなくなり…何時間でも話せる占いに頼っていませんか。

友人関係を大切にするためにも、ロクデモナイ話は他人にする、というのはありです。

ありですが、占いはとにかくお金がかかります。

電話占いなら、1分220円〜はザラですね。

大体、1時間は話すじゃないですか。13,200円です。ひぃ。

例2.  言って欲しいことを言ってもらえるまで、ハシゴする。

占いにハマったことがある人はわかるはずです。特に電話占い。

気にいることを言ってくれる人に当たるまで、何人もハシゴします。

優しく嬉しいことを言ってくれる占い師さんのリピーターになったりします。

リピーターになったからといって、次回同じことを言ってくれるわけでもないので、次回は次回でまた別の人にハシゴしたりします。

これを繰り返すと、月に○万円くらいは占い予算…と頭の中で予算化されてたりします。ひぃぃ。

例3.  相談しないと行動できない、言われた通りにする。

なにか選択するような場面になると、あっ相談しなきゃ!とかなって、その日にすぐ電話しちゃいます。

そして、言われた通りの行動を起こしたりします。

だからと言って、恋愛が成就するわけでもないです。

人によっては成功に至ったこともあるかもしれませんが、聞いて驚け、私は一度としてアドバイス通りにして成就したことはありません。

アドバイスが正しくないんじゃなくて、叶う恋じゃなかったんですよそもそも…。

それか、私に合った行動じゃないとか、相手に合った行動じゃないとか。

理由はいろいろありますが、とにかく恋愛成就や、まして婚活に役に立ちませんでした。

でも役に立つこともあったんです。それは諦めるとき。

実らない恋を実らない恋と言ってくれた占い師さんも確かにたくさんいました。

けど、本人は諦める気がないので、全然信じません。

なんとなくもうダメだという確信を得そうなときに、ズバッと言われると諦めがついたりしました。

私の話で恐縮ですが、彼女がいる人を好きになったときに、相手も好きと言ってくれて、彼女のことはもう好きとかじゃないって言ってたんですが、待っても待っても、どうしても別れてくれなかった時に。

「彼にとって、その彼女じゃないとダメな部分があるのよ」

と占い師さんに言われ、サーっと目が覚めたことがあります。

あの時は占いが役に立ちました。そういうこともあります。

客観的でいられる時なら、婚活に占いを役立てることも可能。

自分の見えない真実を見てくれるもの、とは思わずに、一つの意見として。

人生の先輩の、常識的なアドバイスとして。

または、直感に優れた人からの、客観的な感想として。

意見を参考にして、自分の気持ちを整理したり、人に言えない気持ちを吐き出したりするなら、役に立つといえます。

電話占い【ココナラ】 業界最安値に挑戦・1分100円から

ただし、お財布に余裕がある時にのみおすすめです。

同じお金があれば、話を聞いてくれるちょっと高級なアロマヒーリングのサロンなどのほうが効果がありそうですよ。

リラックスして、気分も上がりますしね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする