潜在意識にゴールを設定したら、放っておこう!

潜在意識で願い事を叶えるコツは、欲しいもの、なりたいものを明確にしたら、あとは放っておくことです。

忘れちゃう。考えない。

えーって思うでしょうけど、それが一番早道なんです。

スポンサーリンク

方法にこだわり過ぎると、チャンスを逃してしまう!

叶うまでの過程は、こうなってほしい!と決めたり、こうなってこうなるかな? とかいろいろ想像したくなりますよね。

でも、実はそういう考えは邪魔になることが多いです。

道すじにこだわってしまうと、見逃してしまうことがいっぱいありますし、素直に受け取れない可能性があるからです。

考え方が狭まったり、行動範囲や、自分の選択が消極的になることもあるでしょう。

この状況からでは、この方法しか考えられないと思っている。

例えば、お金がなくてお金が欲しいと思って、お金持ちになる、をゴールにする。

過程について考えると、自分は大した仕事もしていないし、親もお金持ちじゃないし、方法は宝くじしか考えられない。

宝くじが当たると信じて、ほとんど出かけないで節約して、何年も何年も、大金をつぎ込むけど、なかなか当たらない。

潜在意識なんて嘘なんじゃないか、と疑念にかられる…。

その道しかないわけがない。可能性は無限大。

別に、宝くじが当たったっていいんですよ。でも執着すると叶いにくいんです。

同じお金をかけるなら、例えば習い事にかける。するといい仕事につくことになり大成功するとか。

気分転換に行ったバーで出会ったお金持ち男性が、昔飼ってた犬に似てるっていってアプローチしてくるとか。(これなら美人じゃなくてもありえますね)

旅行先で親切にした相手が大会社の社長で、人柄をかってくれて役員にしてくれるとか。

親の活動を応援していたら、親がなぜかお金持ちと再婚して相続するとか。

実は自分はどこかの国の王様の隠し子だったとか。

たとえ話はたとえ話になっちゃうんですが、でもそういう、わけのわからない、考えてもみないことが起きるということです。

面白くないですか? 宝くじじゃなくてよくないですか?

ゴールまでの道のりにこだわってると、なぜかチャンスはやってこなかったりします。

婚活で言うなら、特定の人物や出会い方にこだわらない、等。

絶対にこの人じゃないとだめ、なんてことは、本当にないんですよ。

執着は執着と、ぜひ理解してください。

執着をやめた途端に振り向いてくることも多いくらい、執着すると叶いにくいです。

あとは絶対に職場で出会いたい!とか、結婚相談所や出会い系は嫌!とか、こだわらなくていいのになーと、思います。

結果的には職場で出会ったり、婚活以外で出会ったりもするかもしれませんが。

行動を制限する必要は全くないですよ。

どこからどうつながって、叶うのか、それは誰にもわからないのです。

潜在意識が願い事を叶える時は、思ってもみないやり方。

どんな叶い方でもいい、と思ってください。

大体、考えつくようなルートや、自分が納得いくようなルートではないんです。

斜め上からやってきます。

その先の展開も、想像を超えた内容だったりします。

あれこれ考えるより、わくわく待つか、忘れていると、チャンスが来た時に、すっと乗ることができますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする